合格体験記

東海中・南山中女子部・滝中などの人気中学(中学受験部)、大阪大・名古屋工業大・愛知教育大・三重大・立命館大・南山大(大学受験部)などに続々合格!

中学受験・高校受験・大学受験〜生徒の喜びの声〜

  1. 乙川中3  Y・Eさん

    半田高校合格

    基本をしっかり身につけることが大事

    僕は、中3になるときに個別指導のGoodからEISUゼミナールに移籍しました。はじめは集団授業に馴染めなかったけど、鈴木先生や三輪先生は、熱心な授業をしてくれるので、夏期講習の頃には進んで塾に行くようになりました。

    夏期講習は朝から夜まで、一日中塾で勉強しました。そのおかげで勉強が好きになりました。だから二学期も良いスタートができ、自信になりました。しかし、周りの友達も頑張っていたので、半田高校に合格するためには、今以上に勉強しなくてはいけないと感じるようにもなりました。夏期講習にミラクルロードを一生懸命やっていたおかげで、基本が身につけていて、入試対策にもしっかり取り組むことができました。そして、半田高校に合格することができました。

    先生たちを信じて、あきらめずに勉強すれば、目標達成できます。

  2. 成岩中3  F・Hさん

    横須賀高校合格

    内申が一気に4上がりました

    1年生の時から3年間頑張ってきました。1,2年生の時は内申をとるためテストを大事にしてきて、3年生は授業態度を意識したことにより、内申が一気に4上がりました。内申の「1」はとても大事になるので学校のテストをだけでなく授業態度もよくしようと思いました。塾ではわからないところをいつでも聞けて説明が分かりやすく、いい塾です。つねに安定した点を取ることが出来たのはEISUゼミナールのおかげです。第一志望の合格も、先生、親、友達などたくさんの人の支えがあったからです。受験勉強は大変だったけど今となっては頑張ってよかったなと思います。3年間ありがとうございました。努力は裏切らない。

  3. 成岩中3  S・Mさん

    東海南高校合格

    内申点の大切さを学びました

    受験を通して学んだことは、内申点の大切さです。内申は2倍になるのでとても大切だと思いました。3年の1学期、2学期を頑張れば3学期の内申は良くなるので内申を取っておいたほうがいいです。実際にどのような勉強をしたら良いかは苦手なところをなくすところです。苦手なまま受験を受けた時に苦手な問題が出てしまうとネガティブになって練習で解けた問題が解けなくなってしまうからです。

  4. 成岩中3  N・Kさん

    東海南高校合格

    毎日居残りで勉強しました

    僕は3年生の夏になるまで勉強を本気でしたことがありませんでした。そして、夏の合宿でも僕は今まで本気で勉強していなかったので一番最初に集中力が切れてしまいました。しかし僕はこの合宿で集中力をつけることができ、とても良い経験ができました。そのおかげで、やると決めた時は集中してできるようになり、勉強がしたくない僕でも集中して勉強したことで合格することができました。そして、毛利先生と高瀬先生にもとてもお世話になりました。居残りをした時やテスト週間などにはわからないところを聞きに行き理解することができました。とても感謝しています。また、ミラクルロードをすることで、やった教科は全県模試でいい点数を取ることができ、得意教科にすることができました。そして僕がこのままじゃいけないと感じたのは2月です。それで僕は毎日居残りで勉強しました。週5の通塾はつらいかもしれないけど、その分、楽に受験できると思うので頑張ってください。

  5. 半田中3  T・Rさん

    東海南高校合格

    塾は私の勉強の力になりました

    受験を通して勉強でわからないところは、誰かに聞いた方が良いということを学びました。私はこれまで、分からないところは答えや解説を見て、自分でなんとか理解しようとしていました。でも、塾で問題を解くと、自分だけで解くより理解が速いということがわかりました。なので、これからも自分一人だけでは勉強しないようにしようと思っています。またEISUゼミナールでした勉強によって、私の成績はとても上がりました。例えば、全県模試、毎週土曜日に行われるテストなどは特に、受験と似た点数配分、問題数なので本番を想定でき、とても私の受験の力となりました。