EISU DIARY

【高等部 渡辺先生】

Last Resort

この瞬間も、ひたむきに学習を続ける受験生へ

もう間もなく試験日がやってきます。
残された時間は少なく、不安が高まっていることでしょう。
全てを投げ捨てて、ぽかぽかした行楽地(名:resort)にでも行って、のんびりしたいでしょう。
太陽を浴びながら穏やかに時間を過ごせたなら、どれほど幸せか。
そうすることだって、できるのに。
ペンを走らせ今日も終わりなき問題集に戦いを挑んでいる。
誰に命令されたわけでもなく自分で決めた。
その目標はどうしても譲れないのでしょう。
だから、つらくても努力してきたのでしょう。
諦める気など、さらさらないから今も全身全霊なのでしょう。
冬が到来し、受験の終わりは近いです。
暖かくなって桜が咲き誇れば、新しい生活が始まっています。
そうなる前の最後の戦い。
試験当日、寒さと緊張で手が震えるかもしれません。
不安が喉までこみ上げてくるかもしれません。
周りの人が天才に見えるかもしれません。
会場の空気に押しつぶされるかもしれません。
でも、大丈夫。
君には君がついている。
自分のことは自分では見えないというのなら、鞄を開けて使い続けた単語帳を見ればいい。
ボロボロになるまで使い込まれ、折り目がつけられ、何百ものマーカーが引かれた単語帳。
それが君自身だ。目に見える努力の日々そのものだ。
試験という孤独な戦いの中で、最後に君が頼れるのは君自身だ。
そのために最後の最後まで、妥協することなく自分を磨き続けよう。
頑張れ、受験生。

ラストリゾート(英語:Last Resort)「最後の手段」「切り札」「最後の拠り所」
※他の手段が全て無くなり最後に残された拠り所のことである。