合格体験記

東海中・南山中女子部・滝中などの人気中学(中学受験部)、大阪大・名古屋工業大・愛知教育大・三重大・立命館大・南山大(大学受験部)などに続々合格!

中学受験・高校受験・大学受験〜生徒の喜びの声〜

  1. 青山中3年  新保友梨さん

    東海南高校合格

    最後のテストでは自己最高順位

    塾に入って始めての全県模試では第一志望の高校の合格率が自分の納得するものではなくて、とても残念な気持ちになりました。でも、毎日塾に通ううちに自信もつき、偏差値をたくさん上げることができました。自分の納得いく結果を得ることができてうれしかったです。毛利先生と杉田先生は勉強だけでなく、受験を全面的にサポートしてくれました。

    定期テストでは、過去問を何度も解き、わからないところは質問しました。最後のテストでは自己最高順位を取ることができてうれしかったです。それだけでなく、塾に入ってからは定期テストの順位は上がるばかりでした。母にもほめられて、大きな達成感を味わうことができました。

  2. 亀崎中3年  日比谷来希くん

    半田高校合格

    自分のやる気次第で成績がどんどん伸びる

    僕は第1志望の高校に合格することが出来ました。EISUゼミナールは勉強をするための環境がしっかり整っています。授業以外の時間でも自習をすることが出来、分からないところがあれば丁寧に教えてくれます。自分のやる気次第で成績がどんどん伸びていきます。夏の講習では毎日毎日が勉強でとてもつらく、くじけそうになるかもしれませんが、それを乗り越えた時の達成感と自信は入試でも絶対に役に立ちます。入試のときはすごく緊張すると思います。緊張しすぎて自分の本来の力が出せないと絶対に後悔します。緊張しすぎないためにもこれからの時間を大切にして、努力して、自分の自信に変えていってください。

  3. 片葩小学校  K.R さん

    南山中学校女子部、滝中学校、愛知淑徳中学校、愛知中学校合格

    ライバルであり、仲間だった塾のみんなと一緒に先生の授業を受け合格できました!

    私は6年生からこの塾に通い始めました。勉強と習い事の両立は大変でしたが、先生が教えてくださったり、アドバイスを下さったおかげで、解けなかった問題が解けるようになったり、わからなかったことがわかるようになって、勉強の楽しさを改めて感じ、次もがんばろうと思って、毎日取り組むことができました。ライバルであり、仲間だった塾のみんなと一緒に先生の授業を受けることができたから、がんばれた部分もあります。本当にありがとうございました。



    算数や理科は先生に言われた通りに問題を解くことが大切だと思います。理科のプリントはしっかりやった方がいいです。実際の入試にも出ました。国語や社会もとにかく先生のアドバイスをしっかり聞けば、理解できるし覚えられます。

    あと、私は必ずどんな問題も解き直しをしていました。解きっぱなしで終わらず、自分がどんな問題をどんなふうに間違えたのかをしっかり理解することが大事だと思います。

    みなさんも目標に向かってがんばってください。



    保護者様より

    「やりきったよ!」と入試会場から帰ってきた娘の満足気な顔を今でも思い出します。その2日後、あこがれの学校からの合格通知を手にした娘は最高の笑顔を見せてくれました。

    受験に挑んだ2年間は、毎日の努力の積み重ねでした。習い事との両立を理解し支えてくださった先生方と、同じ目標に向かって一緒に頑張った仲間と過ごした多くの時間は、良い経験となり、自信にもなったと思います。最後まであきらめない強い気持ちにもつながり、当日100%の力を出し切れたのだと思います。

    中学受験は家族のサポートが必須となりますが、子どもと同じ目標に向かって過ごした時間は、私たちの視野を広げ、様々な経験と新しい出会いの場をたくさん作ってくれました。

    親子共々、多くの人に支えられ、充実した時間を過ごすことが出来たことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

  4. 半田小学校  A.T くん

    東海中学校・海陽学園中等部・名古屋中学校・愛知中学校合格

    途中で何度も無理だと思ったけれど、あきらめず、頑張って合格できました。

    僕は2年生の冬から塾に通い始めました。そのころは、習い事もしていましたので、どちらかというと習い事を優先していました。4年生からは、習い事を辞めて、塾に専念しました。苦手だったのは、社会です。でも、先生が年号や人物のおもしろい覚え方を教えてくれたので、覚えることが出来ました。

    一番思い出に残っているのは、6年生の夏の合宿です。勉強がとても多かったけど、間に友達とお菓子を食べたり、お風呂に入ったりしたので、楽しく過ごせました。



    算数は、先生に言われた通りにしっかりと問題文に線を引き、読み落としが無いようにしました。

    社会は、授業中の話をよく聞いて覚えました。

    僕も、途中で何度も無理だと思ったけれど、あきらめず、頑張って合格できたの、「自分はできる」と言い聞かして、みんなもがんばってください。




    保護者様より

    まずは、合格という結果で中学受験が終われたことに、とても喜びを感じております。

    我が家は、下に兄弟がたくさんいるので、勉強に集中できる家庭環境ではなかったし、本人と一緒になって勉強を見てあげられる時間的余裕もありませんでした。そんな中、合格できたのは、塾の先生のおかげです。心から感謝しております。

    少人数の塾なので、先生が本人の得意不得意から性格まですべてを理解して、勉強内容や成因的なサポートをしっかりしていただけたと思います。そのおかげで、本人は塾に通うことがとても楽しく、やる気を持って取り組めました。本当によかったです。

  5. 板山小学校  S.M さん

    愛知淑徳中学校、大成中学校(奨学生)合格

    子どもの限界を親が判断したり、子供にとって環境は大切だということを感じました。

    私は、3年生の冬期講習から塾に通い始めました。4教科の中で、私は算数が苦手でした。最下位をとったこともありました。すると、先生が、夏期講習の前に「夏の間は算数をやるといいよ。」と、教えてくださいました。なので、私は夏期講習の間、朝の9時から昼の授業が始まるまで、算数のテキストの問題をたくさん解きました。わからない問題があった時は質問に行きました。すると先生は、解説をくださったり、ていねいに教えてくださったりしたので、少しずつ算数の点数や順位が上がってきました。ほんとうにありがとうございました。



    先生に教えていただいた通りのことをやれば、点数は上がっていきます。私は、社会が覚えられなかったので、少し後悔しています。みなさんは先生に教えていただいたことをきちんとやって、後悔しないように頑張ってください。



    保護者様より

    率直な話をすると、娘は学校や他の塾では成績の良い子でしたが、全国統一小学生テストを受け、全国レベルの高さを目の当たりにし、EISUに入ることにしました。

    中学受験は別世界の話だと思っていたし、やりきれるか心配でしたが、同じ志の友だちや先生のおかげで、本人は毎日淡々と過ごしていたため、子どもの限界を親が判断してはいけないということ、子供にとって環境は大切だということ、そして、親もあきらめてはいけないということを感じました。

    合格通知が届く度に家族みんなで大喜びし、努力が報われ、結果が残せたことに感謝しています。