合格体験記

東海中・南山中女子部・滝中などの人気中学(中学受験部)、大阪大・名古屋工業大・愛知教育大・三重大・立命館大・南山大(大学受験部)などに続々合格!

中学受験・高校受験・大学受験〜生徒の喜びの声〜

  1. 中学受験部小6  H.Y.

    海陽学園中等教育学校特別給費生・東海中学校・滝中学校・名古屋中学校(スカラー)合格

    ライバルとして、お互いの力を高め合うことができました。

     僕は、四年生から塾に通い始めました。初めは宿題が多く、宿題をする時間を見つけることができませんでした。しかし、先生が自習室の利用を進めてくれたので、その日から、授業後の一時間を使って宿題を行い、残った時間を自習にあてることができました。授業では、文系の科目はのびのびと分かりやすく、理系の科目は、きっちりていねいに教えてくれました。

     五年生なると新しく仲間も増え、勉強にも熱が生まれてきました。授業のスタイルは同じでも、何か違うものを感じ、さらなる高みを目指しながら勉強をしっかりと行うことができました。

     四年生では、塾内での順位は、ほぼ二位で、一位の友だちに並ぶことができませんでした。でも、五年生になると、一位の友だちに追いつき、ライバルとして、お互いの力を高め合うことができ、自分にもよい影響をあたえてくれました。

     そして、受験生活も大詰めの六年になり、クラスを2クラスに分け、僕はAクラスで、偏差値の高い中学校を目指す授業が行われました。自主性を問われる授業スタイルで、問題の解き直しは各自で行い、質問がある場合は自分から聞きに行く。僕は、初めは何もせず、ただ問題を「こなす」だけでした。でも、そうしている間に、何人もの人たちに追い抜かれてしまいました。理由は、一つ一つ「こなす」ことばかりをしていたからです。基本はそもそも、「量より質」。もっともっと勉強をしていればと悔やんだこともありました。

     受験生活の中で最も心に残っているのは、夏期講習の合宿です。ハードなスケジュールでもみんなで楽しくのりきることができました。

     この受験を始めたのは、夢に一歩近づくための近道を作るためです。「急がば回れ」といわれるけれど、「回れ」とされる道のりは、僕にはあまり適していないと思って、中学受験をしました。中学受験は、「手間をかける」だけのものではなく、「夢へ翔ける」ものなのです。中学校に行っても、しっかり勉強し、「夢を翔ける」ことができるように頑張ります。

  2. 中学受験部小6  M.S

    南山中学校女子部・滝中学校(特待生)・愛知中学校(特別奨学生)合格

    質問にしつこく行ってもていねいに解説してくださり、点がとれるようになりました。

     私は、他の人よりも受験のスタートが遅く、初めのうちは授業についていけませんでした。

    でも、算数や理科の質問にしつこく行ってもていねいに解説してくださった渡邉先生のおかげで、解き方がわかり、テストでも点がとれるようになりました。

     国語や社会も杉田先生のおもしろくて分かりやすい解説のおかげで解き方や覚え方を楽しく学ぶことができました。

     第一志望校の学校に合格できたのは、面白くて親切な先生方と、お弁当を作ったり、送迎をしてくれた家族のおかげです。

     今まで本当にありがとうございました。

     算数や理科は苦手なところを中心に問題を何問も解いて、解き方と身に付けました。国語は杉田先生に言われた通りに問題を解いて、一つ一つ解き方を覚えました。

     理科や社会の暗記科目は苦手なところのプリントをもらったり、テキストをよんだり、問題を解いたりして覚えました。

     テストや問題で自分の苦手なところを把握して、克服して、穴をなくすようにすることが大切だと思います。

     最後に笑って終われるように頑張ってください。

  3. 中学受験部小6  K.R.さん

    滝中学校・愛知淑徳中学校・大成中学校(特奨合格)合格

    先生の授業はとても面白くて分かりやすいし、塾での時間は本当に楽しかったです。

     私は5年生からEISUゼミナールに通い始めました。初めは、分からないことばかりで授業にもついていけず大変でした。けれど、先生たちがやさしく、ていねいに教えてくれたので、授業も分かるようになり、毎日塾に行くのが楽しくなりました。

     私が中学受験を始めたきっかけは、いとこが受験をしていたからです。いとこはもう大学生ですが、私が小さいころから中学受験のための勉強をたくさんしていたのを見ていました。大学では医師になるという夢のために頑張っているのを見て、私もがんばろうという気持ちになりました。

     塾では、みんながガリガリと勉強しているのかと思っていたけれど、そんなことはなく、先生の授業はとても面白くて分かりやすいし、塾での時間は本当に楽しかったです。

     六年生になると、第一志望の中学校にむけて本格的に対策をするようになりました。一時期は全く点数がとれなかった国語も、杉田先生にいろいろと教えてもらい、一番得意な教科にすることができました。

     二年間で一番の思い出は六年生の夏期講習の最後に行った夏期合宿です。朝から勉強をして大変だったこともあったけど、みんなで過ごした三日間はとても楽しかったです。

     塾は私が思っていたよりずっと楽しくて、毎日塾に行くのが楽しみでした。

     渡邉先生が滝中学校や東京大学に行った生徒が塾に来てくれて、その時に中学校での楽しかったことややっておいてよかったことなどを話してくれたので、はげみになったし、滝中学校に行きたいという気持ちがとても強くなりました。

     私の成績が一番伸びたのは、最後の一か月だと思います。滝中学校の過去問題を何回も解き、しっかりとていねいに解き直しをしたことが、合格につながったと思います。最後の一か月は、一つ一つ苦手なところを穴うめしていけばいいと、渡邉先生に言われ、理科と社会をすみからすみまでしっかりと勉強をしたことで、ぬけているところをていねいに修正したことで、苦手な算数の分をカバーできたと思います。

     私が五年生の時に、塾に通い始めてから、ほとんど休まずに塾に通い続けることができたのは、渡邉先生や杉田先生、そしてお父さんやお母さんのおかげだと思います。

     二年間、本当にありがとうございました。

  4. 中学受験部小6  S.R.くん

    南山中学校男子部・愛知中学校合格

    僕たちを信じてくれていた先生のおかげで合格できました。

     僕が中学受験を始めた理由は、お父さんが通っていた中学校に行きたいと思ったからです。五年生の十二月に塾に入り、先生からは時期が遅いと言われ、合格できるのか不安になりました。

     杉田先生は、国語をうまく教えてくれ、僕たちを信じてくれていました。

     六年生の二学期から杉田先生に、「国語はできるようになったから、社会をやっていこう」と言われ、その一言により、社会の勉強の強化をしていきました。

     入試当日は、少し不安がありましたが、自分では力いっぱい全力をつくしました。

     合格通知が届いた日、家についたらお母さんがそわそわして通知書を持っていました。カッターで封筒の口を開け、中身を見ようとゆっくり開けたら、一番最初に目に入ってきたのは、「合格おめでとう」の文字。それを見たしゅん間にさけびながら、大ジャンプをしました。その言葉を聞いた、お母さんと兄が抱きついてきました。そして、すぐにお父さんにも電話をしました。

     僕が合格できたのは、国語と社会と杉田先生の存在がおおきかったと思います。 

  5. 東海南高3年  中村元貴くん

    同志社大学合格

    「合格」の2文字は想像以上の喜び

    僕は高3の初め、模試の偏差値は50以下でした。しかし、最後まで諦めず、志望校を目指し続けた結果、合格することができました。特に英語においては、塾に通って授業を受けたり、英作文を個別に添削していただけたことで驚くほど成績も伸びて実力もつきました。必死で勉強してきて「合格」の2文字を見たときは想像以上の喜びです。これから受験を迎えるみなさんも頑張って下さい!